加湿器

冬場は乾燥しますよね。前は気にしなかったんですが、乾燥していると風邪を引きやすいってことに気付かされてからは、乾燥する冬場は加湿器が手放せなくなりました。

私、喘息持ちなので、乾燥するとすぐに咳が発作に変わっていってしまうんですよね。コンコンと軽い咳だったのに、それに触発されてノドがゼイゼイ言うようになってしまって。
乾燥しているとノドにダメージ受けるので、それがよくないんでしょうね。あとはインフルエンザのウィルスなども怖いですよね。
なので冬はいつも加湿器をずーっとつけっぱなしにしています。夜は特に念入りに加湿するようにしています(喘息の発作は明け方がいちばん発症しやすいので)。
今使っている加湿器は、パナ○ニックの空気清浄機付き加湿器で、加水タンクの容量がでっかいやつ。4リットルくらい入るんじゃないかなー?と思います。
この加湿器、とっても頭が良いので、部屋の湿度状況、または空気の汚れ具合に合わせて、勝手に自動で切り替えをしてくれるんですよ。空気清浄機機能もつけているので、空気が汚れると「ウゥーン」と唸り声を上げながら、強の運転で部屋の空気を綺麗にしてくれます。
しかし、どう見てもメーターの湿度数値(30~70%までランプで知らせてくれます)が30%を指していて、明らかに湿度が足りないのに、勝手にフル運転を止めて「静かモード」に変えてしまうんですよね…。これじゃあ頭いいのか悪いのかわかりません…。